結婚式場の歴史

日本は冠婚葬祭に対する思いが大変強い国です。
特に人生の節目となるお祝いの場合は本人だけでなく家族や親せきなどの身内、友人なども含めてお祝いする事が多いです。
その象徴となるのが結婚式です。
日本ならでは結婚式と言えば神社や寺などで行われる神殿式です。
有名芸能人が白無垢と袴姿で挙式をする姿をテレビなどで見る事も多くなりました。
しかし実際に結婚式を挙げるカップルの大半は洋風の結婚式を行う事が多いです。

日本の結婚式場は時代と共に大きく変わっています。
バブル期にホテルウェディングが流行し、ゴンドラでの入場やレザー光線を利用した演出、派手な衣装など披露宴にかける費用が大きいのが特徴でした。
しかしバブルが崩壊すると今度は冠婚葬祭の費用に対して節約されるようになり、シンプルな結婚式が目立つようになりました。
新郎新婦との距離感が近いレストランウェディングや結婚式専門会場を利用する人たちも増えました。
結婚式場のスタイルが多様化し始めました。

そして近年増えてきているのが、一日一組だけの為に貸し切りで行われる結婚式も人気です。
結婚式場がヨーロッパのお城の様なイメージで建てられていて、貸し切りの為どこでも自由に行動する事ができます。
身内だけでリラックスして結婚式を挙げる事ができます。
また結婚式はおもてなしという感覚よりも友人たちと一緒に結婚しいを作り上げていくアウトドアウェディングも人気です。
自然豊かな場所で飾りつけや料理、ケーキなども自分たちで準備をして立食パーティーの様に結婚式をお祝いする人たちも増えています。